注目すべきは知名度より返戻率!損しない学資保険の選び方

損しない学資保険の選び方

各保険会社が提供する学資保険は、基本的に返戻率が100%以上と契約者にとって非常にお得な保険商品です。
貯蓄性が高く、払込んだ保険料よりも多い金額が満期には受け取れるので、子どもが産まれた時に忘れず検討したい所です。数多くある学資保険の中から、自分の家庭に合った選び方をまとめました。

学資保険の選び方

  • 絶対注目すべき「返戻率」
  • 特約の有無
  • 貯蓄型と保障型、どちらが良い?
  • 受け取りタイミング

絶対注目すべき「返戻率」

学資保険を選ぶ時は、返戻率の高さを基準にして選ぶのが最も賢い方法です。
返戻率(へんれいりつ)とは契約者が払込む保険料の総額に対して、受け取れる「満期保険金 + 祝い金」の割合のこと。「元本率」や「戻り率」とも言われます。

返戻率のパーセンテージが高ければ高いほど、貯蓄性が高く、同じ保険料を支払っていても受け取れる金額が大きくなります。

【返戻率の計算方法】
返戻率=(満期保険金+祝金)÷払込保険料の総額×100

例えば返戻率100%の学資保険であれば、払った保険料と受け取る学資金は同額になります。この場合は保障などを抜きにすると金融機関にお金を預けた方が多く貯まります。

「返戻率が高いから」と言って、毎月高い保険料を支払っていると、家計の負担が増します。保険期間中に解約してしまうと、返戻金の金額が積み立てた金額よりも下回ることが多いので、無理なく支払える保険料のプランを選ぶことが必要です。

特約の有無

基本的にどの学資保険も返戻率が100%以上の場合が多いのですが、加入の際に気を付けたいのが、医療保険や育英年金などの特約です。
特約を付けると返金率が下がり、元本割れが起こりやすくなるので、医療保障や死亡保障は別の保険に任せて「学資保険は貯蓄性重視」と割り切った方がお得。

参照:必要なものだけ選ぶ!学資保険に付けられる特約・特則まとめ

貯蓄型と保障型、どちらが良い?

学資保険には教育資金の積み立てを主目的にする「貯蓄型」と、積み立ての他に契約者の死亡・高度障害保障や育英年金、被保険者の医療保障などの特約がついた「保証型」の2種類があります。
「払込んだ保険料よりも高いリターンを希望して、学資保険に加入している」と言う場合は、死亡保障や医療保障は別の保険に任せて、貯蓄型を選択した方が有利。

ちなみに「返金率が100%以上!」を売りにしている保険商品は、貯蓄型が圧倒的に多いです。
返金率が高い学資保険は以下の通り。

  • ソニー生命「学資保険」
  • アフラック「夢みるこどもの学資保険」
  • かんぽ生命「はじめのかんぽ」
  • ニッセイ学資保険

参照:学資保険は貯蓄性で選ぶ!返戻率の高さランキングBest9

受け取りタイミング

学資保険のお祝い金や満期学資金が、どれだけの金額で、どのタイミングで受け取れるのかは、プランによって大きく異なります。教育資金が必要な時に、必要な分だけお金が受け取れるのか確認しておきましょう。

満期を受験や入学試験、大学など入学前のまとまったお金が必要になる「17・18歳」や、成人式や新生活の準備、大学院進学に備えられる「20・22歳」として、満期学資金を受け取るタイミングにするのが最も一般的です。

また中学・高校の入学時や大学4年間に「お祝い金(生存給付金)」を受け取れるプランもあります。
各家庭によってお金を多く使う時期は異なるので、子どもの将来事情を考えて検討するのが良いです。

参照:満期の年齡はいつにする?学資保険金の受け取りタイミング

最後に

学資保険は契約者にとって非常に有利な保険商品ですが、裏を返せば売り手である保険会社にとっては「利益が少ない」と言えます。
他の保険商品を売る為の「ドアノック商品」として利用されることも多いので、学資保険の検討の際に別の保険を勧められた場合は要注意。

ドアノック商品……企業には利益が少ないが、利用者にとっては非常にお得でメリットが大きい商品のこと。他の商品を購入する為のきっかけ作りにも使われる。保険の場合は返金率が高い学資保険が典型的な例。

一家庭で一つの保険会社の保険商品に加入する義務はないので、学資保険以外の保険をおすすめされた時はきちんと比較・検討することが大切です。

また返金率が低い学資保険を選ぶよりも、低解約返戻金型の保険を選んだ方が良い場合もあります。払込満了期を子どもの進学時期に合わせることで、高い返戻金を受け取れる他、万が一の場合に死亡保険金などが受け取れます。

© 2017 学資保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes