返戻率は100%以上が目安!元本割れしない学資保険の選び方

元本割れしない学資保険の選び方

元本割れ(がんぽんわれ)とは、支払った保険料よりもお祝い金や満期学資金の受け取る金額が少ないことを指します。
学資保険には元本(=元手となるお金)が減らないことを保証する「元本保証」が無いです。

金融機関で貯蓄すれば預けた金額よりも減ることはありませんが「契約者に万が一の事態が起きた場合、以降の保険料の支払いが免除されて、お祝い金や満期学資金が受け取れる」ような、教育資金が負担なく確保できる保障もありません。

「学資保険は元本割れするから、加入するだけ無駄」と言う人もいますが、選び方さえ間違えなければ、上手に子どもの教育資金を積み立てられます。

元本割れしない学資保険の選び方

  • 返戻率を確認する
  • 不必要な特約は付けない
  • 受取る回数を少なく、満期までの時期を長くする
  • 出生前から0歳までが加入適齢期

返戻率を確認する

「支払った保険料の総額に対して、積立てをすることでどれだけのお金が返ってくるのか?」の目安になるのが、返戻率です。
返戻率(へんれいりつ)とは、払込んだ保険料の総額に対して受け取れる「お祝い金+満期学資金」の割合のこと。「元本率」や「戻り率」とも言われます。

保険料の総額<受け取れるお祝い金+満期学資金→返戻率100%以上
保険料の総額=受け取れるお祝い金+満期学資金→返戻率100%
保険料の総額>受け取れるお祝い金+満期学資金→返戻率100%未満(元本割れ)

返戻率100%だと「保険料の総額=受け取る満期保険金」になるので、保障云々を抜きにすれば利率が良い金融機関に同額のお金を積立てた方が貯まる金額は大きくなります。

学資保険の選び方は「返戻率で決まる」と言っても過言ではないので、複数の学資保険を比較する際は、同じ契約条件でも返戻率が高いプランを選ぶことが最も重要です。

参照:注目すべきは知名度より返戻率!損しない学資保険の選び方

不必要な特約は付けない

学資保険には貯蓄性が高く教育資金の積み立てに最適な「貯蓄型」と、契約者や被保険者に対する保障の特約がある「保障型」の2通りがあります。

保障型は「契約者が万が一の場合、保険料の払込免除」「契約者の死亡時に一時金や育英年金が受け取れる」「被保険者の入院や手術、通院に備えられる医療保障」が特約としてつけられます。

今ある貯蓄を崩さずに子どもの教育資金が確保できるのが大きなメリットですが、保障特約を付ければつけるほど返戻率が下がり、元本割れをする可能性が高まります。

また学資保険は満期を迎えると、保障も終了してしまうので、死亡保障や医療特約は別の保険商品を利用した方が良い場合があります。
元本割れが気になる人は、不必要な特約を付けず主契約だけのシンプルなプランで契約することをおすすめします。

参照:必要なものだけ選ぶ!学資保険に付けられる特約・特則まとめ

受取る回数を少なく、満期までの時期を長くする

返戻率は学資保険金の受け取り回数や満期期間によって変化します。
基本的に「複数回よりも一括」「短期よりも長期」だと返金率がアップします。

例えば「お祝い金を複数回、満期で満期学資金を受取る」よりも「満期で満期学資金を一括で受取る」。契約年齢が0歳の場合は満期を「17歳」よりも「22歳」にした方が、返金率は高くなります。

学資保険のお祝い金や満期学資金は契約者が請求しない限り口座に振り込まれないので、契約時に「●歳と○歳にお祝い金をもらう」と考えていても、請求しなければ積立てた保険料は据え置かれます。

また保険料の払込時期を「15歳→10歳」など短期間にすれば、月々支払う保険料の金額は上がりますが、返金率が高まるというメリットが得られます。

出生前から0歳までが加入適齢期

契約者と被保険者の年齡が若ければ若いほど月々の保険料が安くなり、返金率がアップするという特徴があります。

出産予定日の140日前(妊娠6カ月目)から学資保険に加入できる「出生前加入特則」もあるので、学資保険の加入を考えている人は出生前から0歳までの期間に申し込みを済ませておくと良いです。

最後に

以前、学資保険で元本割れが起きたとして、元本割れ分の返還に応じるよう、高等裁判所が生命保険会社に求めた訴訟がありました。学資保険の元本割れは良く聞く話しですが、生命保険会社が返還に応じるケースは極めて少ないです。

返還が認められた今回のケースでは「保険を勧めた外交員の元本割れの可能性に関する説明が不十分だった」ことが理由として挙げられているので、契約の際に説明不備がない限り元本割れが起きても返還に応じてもらえることは無さそうです。

多くの生命保険会社が提供する学資保険の返戻率は100~10数%の所が多いので「元本割れは起こりにくいが、得られる利益は少ない」という場合が目立ちます。

生命保険会社はそれぞれ学資保険を発売しているので、今自分が加入している保険会社だけではなく、複数社のプランで比較検討してみることが大切です。

© 2017 学資保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes