契約者の万が一に備える!学資保険で保険料払込免除をつける必要性とは

学資保険の保険料払込免除

学資保険の特徴の一つに「保険料払込免除特約」があります。
契約者が死亡または高度障害状態になった時、以降の保険料の支払いが免除になり、保障が継続します。また子どもの成長に従って、お祝い金や満期学資保険金を全額受け取れます。

各保険会社の学資保険には必ずと言って良いほど見られる「保険料払込免除」ですが付ける必要性はあるのでしょうか?メリット・デメリットをまとめました。

保険料払込免除特約の特徴

  • 教育費の負担が減る
  • 生命保険の死亡保障で充分かも
  • 保険料が値上がりする
  • 返戻率が下がる
  • 死亡理由が自殺の場合に注意
  • 契約者が祖父母だと原則なし

教育費の負担が減る

保険の契約者は収入が多く、家計を支えている人の名義になるのが一般的です。
その契約者が死亡した時に、保険料払込免除特約がついた学資保険に加入していれば、予定していた学資保険金が全額受け取れるので、一定の教育費が確保できます。

例えば預貯金で毎月同じ金額を積み立てていた場合と比較しても、教育費の負担が少なくて済むのが分かります。
また保険料払込免除特約を付けなかった場合、契約者の名義変更をして配偶者や親戚が保険料を支払い続ける必要が出てきます。

毎月の保険料を負担に感じて解約すると、今まで支払った保険料よりも少ない金額しか受け取れない場合が多いので「子どもの教育費の確保」の為にも特約を付けた方がメリットが大きいです。

生命保険の死亡保障で充分かも

契約者が生命保険に入っていた場合、死亡保障として保険金が受け取れます。
金額にもよりますが、死亡保障で高額な保険金をかけていた場合、保険料払込免除が無くても良い可能性も考えられます。「学資保険は貯蓄優先!」と割り切って特約を付けない人も多いです。

保険料が値上がりする

特約で保険料払込免除をつける場合は、保険料が値上がりします。
毎月の保険料の平均相場が「約1万円」と保険料の中でも高額なことを考えても、特約をつけることで家計の負担が増してしまう可能性が高いです。

学資保険は長期的に保険料を支払い続ける必要があるので「保険料払込免除を付けると、金銭的に厳しい」という場合は付けない方を選びましょう。

返戻率が下がる

主契約以外の特約が多ければ多いほど、返戻率が下がり、元本割れする可能性も出てきます。
学資保険を貯蓄重視で考えている人は、保険料払込免除をつけない方がお得です。

参照:返戻率は100%以上が目安!元本割れしない学資保険の選び方

死亡理由が自殺の場合に注意

契約者の死亡原因が自殺の場合「契約後○年以上経過していること」が、保険料払込免除の条件になっている場合があります。

例えばアフラック「夢みるこどもの学資保険」では、保障の始まる日から3年以内に契約者が自殺した場合は、保険料払込免除の対象になりません。掛け捨ての保険ではないので、保険料積立金などは戻ってきます。

契約者が祖父母だと原則なし

「孫の為に教育費を積み立てよう」と学資保険の契約者を祖父母にすると、健康状態や年齡の関係で死亡のリスクが高いので、保険料払込免除が付けられない場合があります。
ただし子どもの両親が死亡、親権者が祖父母にある場合は、保険料払込免除がつけられる可能性もあるので、まずは気になる学資保険があれば問い合わせてみると良いです。

参照:贈与税など税金対策に注意!孫の為に学資保険に入る前に知るべき5つのこと

最後に

保険料払込免除は「万が一のことがあっても、一定の教育費は確保しておきたい」「家庭で収入があるのは契約者だけ」という家庭に向いています。
「契約者が万が一の事態になった場合は、他の保険や自分の収入で何とかなる」「貯蓄性を重視したい」という場合は必要性が薄いです。

学資保険の商品によって保険料払込免除が主契約だったり、特約だったり、そもそも無かったりと、取り扱いが異なるので、まずは有るかどうか確認しておきましょう。

© 2017 学資保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes