無配当との違いは?利差配当付学資保険とは

利差配当付学資保険

学資保険を含む生命保険には、配当金がもらえる「有配当保険」と、もらえない「無配当保険」があります。

契約者が支払う保険料は「予定死亡率」「予定利率」「予定事業費率」の3つの予定基礎率で計算されますが、実際に予定通りになるとは限りません。予定と実際に余りが起こると「剰余金)」が生まれます。

剰余金の中で、予定運用収入よりも実際の運用収入が良かった場合は「利差益」と言い、配当金として契約者全員に還元されるのが「利差配当付きの保険」です。

利差配当付学資保険とは?

学資保険では「5年ごと利差配当付学資保険」が一般的です。
5年ごと利差配当付学資保険がある生命保険会社は以下の通りです。

  • ソニー生命
  • フコク生命「みらいのつばさ」
  • 住友生命保険「スミセイのこどもすくすく保険」
  • 太陽生命「わくわくポッケ」
  • 明治安田生命「学資のほけん」
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 東京海上日動あんしん生命

学資保険ではありませんが、AIG富士生命「E-終身」も5年ごと利差配当付特約をつけることで、5年ごと利差配当付学資保険と同じようなプランにできます。

利差配当付き保険は本当にお得?

配当金は毎回一定ではなく景気状況によって増減して、実際の運用利益が予定よりも下回れば支払いはありません。

つまり「好景気でインフレ傾向にあれば、利差配当付きの学資保険」、「不景気でデフレ傾向があれば無配当の学資保険」がお得と言えます。
無配当の学資保険は配当金が無い分、保険料が割安なので「できるだけ保険料の負担を少なくしたい」という人に向いています。

配当金は保険期間中の3~4回受け取れる

5年ごと利差配当の場合、契約度6年目から5年ごとに配当金が支払われます。
例えば0歳から5年ごと利差配当付学資保険に加入していた場合、満期が17歳や18歳、20歳であれば3回、21歳や22歳ならば4回、配当金が受け取れる機会があります。

受け取れる配当金の金額は、その年の景気によって増減するので、良く考えて選ぶことをおすすめします。

© 2017 学資保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes