学資保険の申込みを取り消したい。クーリングオフ制度の利用方法は?

クーリングオフ制度

学資保険は支払い総額が高額になりやすい為、契約内容をきちんと確認して契約することが大切です。

ただし「スーパーの買い物帰りに営業の人から学資保険を勧められた」「内容をきちんと把握できないまま、強引に契約させられた」という場合も少なくありません。

「申し込みは済ませたが、やはり考え直したい」という時に活用できるのが、クーリングオフ制度です。

保険も対象のクーリングオフ制度とは?

クーリングオフ制度とは、一度申し込んだ後でも一定の期間であれば申し込みを撤回できる制度のことです。

基本的に「クーリングオフ制度に関する書類を受け取った日、または申込日のいずれか遅い日を含めた8日間以内」に、申請を行なえば、契約の申し込みを撤回できます。

学資保険を含む生命保険や損害保険の場合、以下の項目が適応されます。

【生命・損害保険契約(共済も含む)】
適用対象:店舗外での契約期間1年を超える生命保険・損害保険・傷害疾病定額保険契約。
ただし保険料を振り込んだ場合や医師の診査を既に受けた場合、通信販売は除く。
期間:8日間
根拠条文:保険業法309条

参照:国民生活センター – クーリング・オフって何?

ちなみにクーリングオフ期間の日数は企業によって異なります。
法律で「8日間」は守らねばならないので、期間が8日間以下になりませんが(特定の商品やサービスを除く)、「8日間以上」という長い期間が設定されている場合もあります。

日数に関しては契約前に説明があると思いますが、念の為に「注意喚起情報」や「約款」の書面で確認しておくことをおすすめします。

無事にクーリングオフが適応されれば、契約自体が無かったことになるので、既にお金を支払った後でも全額返金されます。

クーリングオフができない場合

保険契約が以下のような場合、クーリングオフ制度が適応されません。

1.契約にあたり保険会社が指定した医師による診査を受けた
2.保険期間が1年以内の契約
3.生命保険会社の営業所や代理店の窓口などの場所で申し込みをした
4.申込者が自分で指定した場所で申し込みをした
5.法人や社団などが営業や事業目的で契約した
6.保険契約が法令により申込者などが義務付けられている

学資保険は「医師の診査は不要」「保険契約は10年以上の長期間」「基本的に個人名義での申込み」「学資保険に加入義務はない」なので、上記の1と2と5と6は当てはまりません。

一方で「生命保険会社の営業所や申込者が自分で指定した場所(自宅や喫茶店、勤務先など)で契約の申し込みをした」という場合、クーリングオフの適応は難しいように思います。

クーリングオフ制度は、例えば「生保レディが自宅に突然訪問してきた」「道を歩いていたら保険の勧誘をされた」など、良く考える時間もなく契約させられた場合に利用されるものです。

自分の意思で保険契約をしたと見なされる場合は、適応の対象外
「保険契約の目的で保険会社や代理店に予約をして、保険の申し込みをした」という時は、保険契約が成立する前に取り消しの手続きを行なう他ありません。

契約成立前ならば取り消しが可能

「その場の雰囲気で契約をしたけど、やはり止めたい」と思うのは、保険の申し込みをした当日~2日後という場合が多いと思います。

保険の契約は「申し込んだらすぐに契約が成立する」という訳ではなく、生命保険は契約書や告知書の内容に基づいて査定(審査)を行ない、加入の有無を判断します。

保険会社によっても違いがありますが、基本的に査定には3日~2週間ほどかかります。
査定期間中=契約が成立する前と言えるので、電話など口頭で契約の取り消しが可能な場合もあります。

「契約を取り消したい」と思った場合は、担当者や保険会社の相談窓口(カスタマーセンター)に連絡を取りましょう。

もちろん指定期間内であればクーリングオフ制度も適応されます。
ただし手紙やハガキに必要事項を記入して郵送する必要があり、何かと時間と手間が掛かるので、まずは口頭で取り消しが可能かどうか確認した方が良いです。

「担当者に引き止められて、先へ進めない」「『口頭での取り消しができない』と言われた」という場合は、クーリングオフを利用します。

クーリングオフの方法

「保険契約の申込日」または「第1回保険料(充当金)領収書の交付日」のいずれか遅い日から、その日を含めて8日以内であれば、申し込みの撤回や契約解除ができます。

生命保険会社によっては8日以上の期間を設定している場合もありますが、遅くても「8日間」です。

保険料は全額返金されます。
クーリングオフで必要な費用は、ハガキや手紙、切手などの代金です。

通知書の書き方

クーリングオフの通知は、電話やメールでは申し込みの取消はできないので、必ずはがきや手紙などの書面で行ないます。

宛先は生命保険会社の本社や支社。代理店や担当者宛はNGな場合が大半です。

※支払いをクレジットカードで行なった場合、生命保険会社だけでなく、クレジット会社への通知も必要です。

以下の必要事項を記入後、書面の両面をコピーして控えを作ります。

【必要事項】
・ 撤回の旨を記入した日(届け日)
・ 氏名(契約者名・被保険者名)
・ 住所
・ 電話番号
・ 契約日
・ 保険種類
・ 証券番号
・ 領収書番号
・ 保険料
・ 契約の撤回などをする旨の記入

契約解除通知書

以下の保険契約の申込を撤回します。

契約者 _____
生年月日 昭和 年 月 日
被保険者 _____

申込日 平成 年 月 日
保険の種類 ○○○○保険
証券番号 ○○○○
領収書番号 ○○○○
保険料 ○○○○円

氏名 _____ (印)
住所 _____
連絡先 ○○○-○○○○-○○○○

届け日 平成 年 月 日

郵送する際は「特定記録郵便」または「書留」など記録が残る方法が向いています。どちらも郵便局の窓口での手続きが必要です。

届け日は「郵便物に消印が押された日」になります。
何かと手続きには時間が掛かるので「まだ日がある」と思わずに、早め早めに申請を行なうようにしましょう。

【特定記録郵便】
基本料金+160円。
郵便物やゆうメールの引受を記録するサービスです。ネット上で配達状況の確認もできます。
速達や配達日指定以外のオプションサービスとの併用は不可。

【書留】
引受から配達までの郵便物の配送過程を記録します。
基本料金に各種書留(一般書留や簡易書留)の加算料金がかかります。

各生命保険会社のクーリングオフ制度

では実際の生命保険会社のクーリングオフ制度を見てみたいと思います。

人気の学資保険を取り扱う「ソニー生命」「アフラック」「かんぽ生命」の3社を紹介します。

基本的なクーリングオフ制度は変わりませんが、ソニー生命は「日数が30日以内」、かんぽ生命は「来店での受付もOK」……というように、生命保険会社によって微妙に条件が異なります。

ソニー生命

【申し込みの撤回可能期限】
保険契約の申込日または申込の撤回等に関する事項を記載した書面の交日の、いずれか遅い日からその日を含めて30日以内

【方法】
通知書を担当者または本社あてに郵送。
専用の書面があるので、担当者かカスタマーセンターで取寄せてもらう。
ハガキや便箋を利用する場合は、撤回などの意思を明記して、被保険者氏名、保険種類、日付、保険契約者の署名が必要。

ご契約にあたって – ソニー生命保険

アフラック

【申し込みの撤回可能期限】
口座振替契約:契約の申込日または第1回保険料(第1回保険料相当額を含む)の払い込みの日のいずれか遅い日からその日を含めて8日以内。
クレジットカード支払契約:契約の申込日またはクレジットカードの有効性をアフラックが確認した日のいずれか遅い日からその日を含めて8日以内。

【方法】
ハガキか便箋に下記の内容を記入後、所定の宛先まで郵送する。

記載内容
・撤回(クーリング・オフ)の旨を記入した日(届出日)
・契約者様の自署・フリガナ
・契約者様の生年月日
・被保険者様の氏名
・契約者様の住所・電話番号
・「○○保険を撤回します」という旨の記入
・撤回希望理由
・契約日
・保険料

郵送先
〒182-8008 東京都調布郵便局内 私書箱第50号
アフラック 契約部 撤回担当宛

参照:クーリング・オフ制度 – アフラック

かんぽ生命

【申し込みの撤回可能期限】
保険契約の申込日または契約に関する注意事項(注意喚起情報)の受領日のいずれか遅い日から、その日を含めて8日以内。
契約の復活の申し込みの際は適応外。

【方法】
来店:「申込者または契約者本人を確認できる身分証明書」、「申込時に使用した印章」、「申込内容を確認できる書類」を持参して、最寄りの郵便局やかんぽ生命の支店で申し込む。
郵送:クーリングオフ通知書を、申し込みをした郵便局またはかんぽ生命の支社宛に郵送

はがき記入例

参照:学資保険-はじめのかんぽ(ご契約のしおり・約款)

まとめ

1.学資保険の申し込み後、保険加入の有無を判断する査定期間中であれば、口頭で取り消しが可能な場合がある。
2.クーリングオフ期間は8日間。ハガキや手紙など書面での申請が必要。
3.自ら保険契約を行なったと見なされる場合は、クーリングオフ制度の適応が受けられない。
3.生命保険会社によって期間や申請方法が異なるので、利用前に要確認。

© 2017 学資保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes