入学金や在学中の学費など、大学費用は学資保険で全額何とかなる?

大学費用と学資保険

学資保険は子どもの教育資金を積み立てる為に利用される保険商品です。
特に子どもの大学進学の為に、学資保険を利用する家庭が多いのですが、積み立てた学資保険の金額で、実際に大学費用(入学金や学費など)は足りるのでしょうか?

学資保険の満期保険金の金額や受け取り年齢を決まる時に知っておきたい、国公立、私立大学の入学から在学、卒業までにかかる金額をまとめました。

入学時にかかるお金(初年度納付金)

初年度納入金とは、大学入学に必要な入学料(=入学金)と授業料、施設整備費のこと。
「国立<公立<私立」、私立でも「文系<その他<理系<歯科系」の順に初年度納入金の金額は高くなります。

学資保険金の平均相場は約200~300万円。
子どもの教育費を学資保険で積み立る場合、200~300万円は「大学の入学金や初年度の授業料」は充分に支払えるだけの金額なことが分かります。

【国立大学】
入学料:282,000円
年間授業料:535,800円
——————————-
合計:817,800円

【公立大学】
入学検定料:17,369円
入学料:地域内231,133円、地域外397,721円
年間授業料:537,857円
——————————-
合計:935,578円

【私立大学(平均)】
入学料:264,390円
年間授業料:860,072円
施設整備費:188,063円
——————————-
合計:1,312,525円

【私立文系】
入学料:246,749円
年間授業料:742,478円
施設整備費:160,019円
——————————-
合計:1,149,246円

【私立理系】
入学料:265,595円
年間授業料:1,043,212円
施設整備費:187,236円
——————————-
合計:1,496,044円

【私立医歯系】
入学料:1,036,391円
年間授業料:2,764,631円
施設整備費:863,538円
——————————-
合計:4,664,560円

【その他学部】
入学料:271,318円
年間授業料:946,556円
施設整備費:244,073円
——————————-
合計:1,461,947円

在学中にかかるお金(学費)

在学中にかかるお金は年間授業料の他に、施設整備費などが必要な場合があります。
基本的に「(年間授業料+施設整備費)×年数」が、大学在学中の学費に相当します。
ただし学年ごとに支払う金額が異なる場合もあるので、あくまでも目安程度に考えて下さい。

在学中に必要な学費は以下の通りです。

  • 国公立……約200万円
  • 私立……約400万円
  • 私立文系……約360万円
  • 私立理系……約490万円
  • 私立歯科系……約1,400万円または2,100万円。

学資保険で約300万円を積み立てていれば、国公立大学ならば「4年間」、私立大学は理系や歯科系を除けば「2年間」分の学費は支払える計算になります。

【国立大学】
年間授業料:535,800円
——————————-
4年間で2,143,200円

【公立大学】
年間授業料:537,857円
——————————-
4年間で2,151,428円

【私立大学(平均)】
年間授業料:860,072円
施設整備費:188,063円
——————————-
4年間で4,192,540円

【私立文系】
年間授業料:742,478円
施設整備費:160,019円
——————————-
4年間で3,609,988円

【私立理系】
年間授業料:1,043,212円
施設整備費:187,236円
——————————-
4年間で4,921,792円

【私立医歯系】
年間授業料:2,764,631円
施設整備費:863,538円
——————————-
4年間で14,512,676円
6年間で21,769,014円

【その他学部】
年間授業料:946,556円
施設整備費:244,073円
——————————-
4年間で4,762,516円


引用:

平成26年度学生納付金調査結果(PDFファイル) – 文部科学省

平成25年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について – 文部科学省

まとめ

大学進学時の教育資金を準備する為に学資保険を利用する際、満期の設定年齢を「17・18歳」、「20歳」「22歳」に設定するのが一般的です。

「学資保険を入学時の初年度納入金に使いたい」「一人暮らしを始めるので、引越代や家具代、家賃の支払いなどでまとまったお金が必要」という場合は、17・18歳満期が向いています。
「大学進学後から毎年の教育資金を徐々に受け取りたい」「大学院進学を考えている」という場合は、20歳や22歳満期が最適です。

保険料の払込期間は長い方が、返戻率が高くなり、最終的に受け取れる満期学資保険金の総額も上がりやすくなります。
注意したいのが「学資保険は学費の一部や全額は補えるが、大学生活で必要なお金の全額には足りない」ということ。

大学在学中の1年間の生活費(食費、住居費、交通費、書籍費、娯楽費など)は自宅生で約50万円、一人暮らしで約120万円かかります。

「子どもの教育資金の積み立ては学資保険だけでOK」とは思わずに、預貯金をしたり、入学金や授業料が免除になる奨励金、奨学金について調べたり、学資ローンを組んだりする必要があります。

© 2017 学資保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes