国公立、私立の大学院の学費から考える「学資保険の満期は22歳にすべき?」

国公立、私立の大学院の学費と学資保険

子どもの教育資金を考える際、一応見ておきたいのが大学院の学費のこと。
現在、大学から大学院に進む人の割合は「8~10人に1人」と言われており、将来的に自分の子どもが大学卒業後、大学院に進む可能性も否定できません。

学資保険には「大学院へ進学に備えた教育資金を重点的に準備する」に特化した、満期受け取りを22歳に設定している学資保険のプランも登場しています。例えばソニー生命の学資保険Ⅲ型、フコク生命のみらいのつばさなど。

学資保険のお祝い金や満期学資保険の受け取り時期や金額を考える時に、まずは大学院の学費について知っておきましょう。

国公立の大学院

国公立の大学院は、私立大学のように学部で金額の差が大きく出ることはありません。

国立は約135万円(入学科と授業料2年間)。
公立は約133万円~147万円(入学関係と授業料2年間)。

公立の大学院に進学する際、大学のある地域内に住んでいると、国立の大学院よりも入学にかかるお金が安くなる可能性があります。
学資保険的な目線で考えると、満期学資保険金の平均相場が200~300万円なので「大学院に通わすだけのお金は、学資保険で用意できる」と言えます。

【国立の大学院】
入学科:282,000円
年間授業料:535,800円
——————————-
合計:817,800円

【公立の大学院】
入学検定料:29,320円
入学科:地域内229,635円、地域外363,728円
年間授業料:538,072円
——————————-
合計:797,024円または931,120円

引用:平成26年度学生納付金調査結果(PDFファイル)

私立の大学院

私立の大学院は平均で考えると「国公立より約20万円高い」と言えますが、大学院や研究科によって必要になる金額が大きく異なります。
下記で紹介する「博士前期課程」と「博士後期課程」は、博士前期課程=修士課程、博士後期課程=博士課程(ドクターコース)と考えて下さい。

大学院によって「5年一貫性」「博士前期課程2年間、博士後期課程3年間」「博士課程4年間(医学科、歯学科)」「博士課程3年間」というように、課程の年数が異なります。
ちなみに大学院がある大学の卒業生・修了生だと入学科が無料になる場合が多いです。

博士前期課程(修士課程)

「大学卒業後、まだ就職するのは嫌だから大学院に2年間通う」という場合、博士前期課程=修士課程に当たります。
私立の大学院の場合、大学院や研究科で必要になる学費に差があります。

全国平均は以下の通り。

授業料:720,948円
入学料:226,106円
施設整備費:96,550円
——————————-
合計:1,043,554円

満期学資保険金の相場が200万円~300万円なことを考えると「大学院2年間分の学費」が学資保険で用意できます。
博士前期課程用に学資保険を考えるのであれば、22歳で学資保険金の満期を迎えるようにプランを設計する必要があります。

学資保険は保険料の払込年数が長ければ長いほど、返戻率もアップするので、最終的に受け取れる金額も大きくなります。

【人文・社会科学】
授業料:599,313円
入学料:220,963円
施設整備費:81,351円
——————————-
合計:901,627円

【理・工・農学】
授業料:821,140円
入学料:226,132円
施設整備費:98,373円
——————————-
合計:1,145,644円

【保健】
授業料:771,049円
入学料:248,192円
施設整備費:84,926円
——————————-
合計:1,104,168円

【家政・芸術】
授業料:879,217円
入学料:226,902円
施設整備費:197,128円
——————————-
合計:1,303,247円

【その他】
授業料:729,587円
入学料:231,897円
施設整備費:104,959円
——————————-
合計:1,066,443円


博士後期課程(博士課程)

博士後期課程=博士課程で、いわゆる「ドクターコース」です。
博士前期課程と同様に、大学院や研究科によって授業料や施設整備費の金額が大きく異なります。
全国平均は以下の通り。

授業料:597,739円
入学料:215,888円
施設整備費:70,337円
——————————-
合計:883,963円

博士課程まで進学する人は少なく、満期学資保険金の受け取りが22歳までなことを考えると「博士課程の為に、学資保険で教育資金を貯めておく」と言うのは、あまり現実的な話ではありません。

【人文・社会科学】
授業料:535,209円
入学料:220,458円
施設整備費:75,098円
——————————-
合計:830,764円

【理・工・農学】
授業料:706,765円
入学料:221,835円
施設整備費:90,258円
——————————-
合計:1,018,859円

【保健】
授業料:553,633円
入学料:201,596円
施設整備費:34,323円
——————————-
合計:789,552円

【家政・芸術】
授業料:773,929円
入学料:233,436円
施設整備費:181,517円
——————————-
合計:1,188,882円

【その他】
授業料:664,007円
入学料:227,484円
施設整備費:95,128円
——————————-
合計:986,619円


専門職学位課程

専門職学位課程とは、大学院の中で高度な専門職業に就く人の養成を行なう大学院課程のこと。法科大学院(ロー・スクール)、教職大学院、専門職大学院が当てはまります。

授業料:1,389,551円
入学料:222,600円
施設整備費:83,544円
——————————-
合計:1,695,696円

【法科大学院】
授業料:1,134,413円
入学料:229,274円
施設整備費:117,163円
——————————-
合計:1,480,850円

【その他】
授業料:1,591,897円
入学料:217,307円
施設整備費:56,882円
——————————-
合計:1,866,086円


引用:平成25年度私立大学大学院入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について(PDFファイル)

まとめ

学資保険の満期保険金の相場は、約200~300万円。
大学院や研究科によって異なりますが「学資保険で何とか対応できる」だけの教育費は積み立てることは可能だと言えます。

子どもの生活費(食費、家賃、光熱費、交通費、娯楽費)などは、また別途に必要になるので、それらは他の預貯金や奨学金、子どものアルバイト代に頼ることになりそうです。

22歳満期に設定すれば、返戻率も良く、払込んだ保険料よりも、最終的に受け取れる満期保険金の総額が大きくなる可能性も充分にあります。
基本的に子どもの教育費の積み立ては「大学進学」が一つの目安です。

「将来的に大学院まで進ませたい」という家庭であれば、大きなリターンも期待しつつ22歳満期に設定しても構わないと思いますが、万が一満期前に解約する場合になると返戻率が下がり、元本割れが起こる可能性もあります。

「おそらく大学には通わせる」という感じであれば、20歳満期に設定して、最終的に満期保険金を受け取るのが22歳にする、という手もあります。

© 2017 学資保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes