毎月の保険料を安く抑えたい。兄弟割引がある学資保険は?

学資保険の兄弟割引

子どもが二人、三人といると、用意する教育資金の金額も大きくなり、学資保険で教育資金を計画的に貯めようと思っても、毎月支払う保険料が負担に感じてしまいます。

一人目が学資保険に加入していて、二人目が同じ保険に追加で加入する場合、保険料が割引になる「兄弟割引」を利用すると保険料がお得になり、返戻率がアップする場合があります。

兄弟割引がある学資保険は?

フコク生命「みらいのつばさ」

現在、兄弟割引がある学資保険はフコク生命「みらいのつばさ」だけ
学資保険で人気の高いアフラックやソニー生命など他の生命保険では、兄弟割引を実施していません。
みらいのつばさで兄弟割引が適用される条件は以下の通りです。

  • 被保険者が兄弟姉妹のフコク生命所定の保険契約がある。
  • 保険の契約者が両方同じ。
  • 兄弟割引の条件になる1人目の契約が有効になっている。

毎月いくら安くなるの?

払込方法が月払いの場合、満期保険金10万円ごとに月10円安くなります。
例えば満期保険金を100万円に設定した場合、毎月の保険料が一人目は変わりませんが、二人目は100円お得になります。

兄弟割引の例

「毎月100円」はお得感が少なく見えますが、払込期間が十数年と長期的なことを考えると、トータルで数万円の保険料が節約できるのに、受け取れる満期保険金の金額が変わらないのは大きなメリットです。
保険料の払込総額が少なくなるので、返戻率(戻り率)もアップして、貯蓄性も高くなります。

最後に

兄弟割引があるからと言って「一人目がフコク生命のみらいのつばさに加入しているから、二人目、三人目も同じ保険に加入しよう」「兄弟割引で保険料を安くしたいので、一人目からみらいのつばさに加入する」と簡単に考えない方が良いです。

学資保険は利用者のニーズに合わせて、年々新しい商品が出たり、保険料や返戻率が見直されたりします。
兄弟割引が適用された「みらいのつばさ」よりも「加入検討時に最も返金率や保障が良い学資保険」があれば、そちらを選んだ方が得られるメリットが大きいです。

© 2017 学資保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes