学資保険の保険金や月額保険料の平均相場はいくらくらい?

学資保険の平均相場

「子どもの教育資金を学資保険で用意したい」という場合、受け取る保険金+お祝い金の金額や毎月支払う保険料の平均相場はどれくらいが良いのでしょうか。

学資保険の平均相場

  • 保険金は200~300万円が相場
  • 月々の保険料は1万円ちょっと

保険金は200~300万円が相場

満期学資保険金として受け取る金額は「200~300万円」が相場です。
「200~300万円あれば、大学進学や高校卒業後に就職した場合でもある程度まかなえる」と感じている人が多いようです。「今後のことを考えると、100万円は少なすぎるのでは?」という感想が少なくありません。

満期学資保険金の受け取りで注意したいのが「所得税」や「贈与税」の税金のこと。
所得税(保険料の負担者=保険金の受取人)の場合は、満期学資保険金の受取り金額を200~300万円に設定しても、税金がかかる心配はありません。

ただし贈与税(保険料の負担者≠保険金の受取人)の場合は、基礎控除額の110万円を超えると課税対象になってしまいます。
受取り人を誰に指定するかで、保険金の設定金額も変わってきます。満期学資保険金を200~300万円に設定する場合は「保険料の負担者=保険金の受取人」にすることが大切です。

参照:学資保険の満期保険金は税金がかかる?所得税や贈与税対策まとめ

月々の保険料は1万円ちょっと

受け取る学資保険金が200~300万円の場合、月々支払う保険料は1万円ちょっとです。
ソニー学資保険のシュミレーションでは「契約者30歳の男性。保険料払込期間18歳まで。受け取りは子どもが18歳の時。受け取り総額300万円」で、月々の保険料が12,720円と出ました。

学資プランをシュミレーション

生命保険だと支払う保険料が安くて月々1,000円なことを考えると、やはり高いように感じます。
月々の保険料は契約する保険のプランや払込期間、受け取る学資保険の金額、被保険者(=子ども)や契約者(=保護者)の年齢によって上下します。

返戻率(払込んだ保険料の総額に対して受け取れる金額のこと)を上げようと思うと、保険料の払込期間を短くする必要があるので、それも月々の保険料を高くする原因の一つになります。
返戻率が100%以上の場合、満期を迎えると払込んだ保険料よりも多い学資保険が受け取れるのでモトは取れます。

基本的に満期を迎える前に解約すると、支払った分の保険料の総額よりも安い解約払戻金が戻ってくる可能性が高くなります。途中解約しない程度に無理のない保険料の金額を設定する必要があります。

また契約者が死亡したり、高度障害状態になったりした場合、以降の保険料の払込が免除になる「保険料払込免除特約」がある学資保険だと、万が一の時も子どもの教育費を確保できます。

最後に

家庭によって教育への考え方や世帯収入、お金の使い方は全く異なるので「学資保険の目安」は非常に難しい所があります。
まずは子どもの教育計画を考えてから、教育費の何%程度を学資保険でまかなうのかを考えないと、高額な学資保険料で毎月の家計が困る可能性も出てきます。

「毎月1万円も学資保険に使えない」「何十年も保険料を支払い続けられるか不安」という場合は、低解約返戻金型の終身保険を利用したり、金融機関で預貯金をする方法もあります。

© 2017 学資保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes