ソニー生命「バリアブルライフ変額保険終身型」

ソニー生命「バリアブルライフ変額保険終身型」

一生涯の死亡保障を確保したい場合、保険料が安い方が継続的な利用が期待できます。
ソニー生命「バリアブルライフ変額保険終身型」は、運用対象が8つの特別勘定から選べる変額保険です。 
「積み立て重視」と「保障重視」の2種類があり、自分の希望に応じた活用がしやすいです。

バリアブルライフ変額保険終身型の特徴

変額保険

変額保険とは資産の運用実績によって、保険金額が増減する保険です。

被保険者が死亡、高度障害状態の時は運用実績に応じた保険金(基本保険金額+変動保険金額)が支払われます。運用実績が良い悪い関係なく、基本保険金額は確実に受け取れるので、万が一の時の保障は最低限確保されています。

ちなみに解約返戻金の金額も運用実績で決まるので、解約のタイミングで損得が異なるという、メリットとデメリットがあります。
保険料は一定。予定利率が3.5%と高いので保険料が他の終身保険と比較しても安いことから、バリアブルライフ変額保険終身型を選ぶ人も少なくありません。

「積み立て重視」と「保障重視」で選べる

バリアブルライフ変額保険終身型には「積み立て重視のオプションA」と「保障重視のオプションB」の2種類のタイプから選べます。
変動保険金額がマイナスの時でも、被保険者が死亡や高度障害状態時には基本保険金額が支払われるので、最低限度の保障はあります。ただし解約返戻金は運用実績によって異なります。

【積み立て重視】

積み立て重視のオプションA

特別勘定の資産運用実績が3.5%を超えた場合、保障重視と比較して積立金の金額が大きくなります。
変動保険金(a)がプラスの場合は変動保険金額の減額が可能で、同額の積立金が減少します。要は資産運用が順調で原資(元となる積立金)以上に変動保険金額が貯まった場合は、年2回引き出しが可能、という訳です。

変動保険金額の計算方法は以下の通り。
(各日末の積立金額)-(各末日の基本保険金額を支払うのに必要な金額)=変動保険金額
契約後のオプション変更はできません。

【保障重視】

保障重視のオプションB

特別勘定の資産運用実績が同じ場合は、積み立て重視と比較して、変動保険金額が大きくなります。
変動保険金額は運用実績に応じて、毎月1日に増減(=同月内は一定)します。

各月末の積立金額と各月末の基本保険金額を支払うのに必要な金額の差額を元に、会社所定の方法で変動保険金額が計算されます。

積み立て重視とは異なり、変動保険金額がプラスの時でも変動保険金額の減額は付加。運用実績が好調でも、プラス分の変動保険金額は引き出せません。
オプションは保障重視から積み立て重視への変更が可能です。

運用対象が8つの特別勘定から選べる

バリアブルライフ変額保険終身型には、株や債券で運用・管理する特別勘定が8つあります。
運用対象は1つから複数まで分けられて、後からの変更も可能です。

8つの特別勘定

それぞれ運用方針と運用リスクが異なるので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

保険料の高額割引制度あり

契約時の基本保険金額が500万円以上の場合、保険料の高額割引制度が適用されて、保険料が割安になります。

所定の身体障害状態で保険料の払込免除

不慮の事故で、被保険者が事故日から180日以内に所定の身体障害状態になった場合は、以降の保険料払込が免除になり、保障が継続します。
三大疾病や所定の障害状態・要介護状態になった時、以降の保険料払込が免除になる「保険料払込免除特約」は別途付けられます。

付加できる特約

バリアブルライフ変額保険終身型に付加できる特約は以下の通りです。

  • 平準定期保険特約
  • 逓減定期保険特約
  • 家族収入特約
  • 平準定期保険特約(喫煙リスク区分型)
  • 無解約払戻金型平準定期保険特約
  • 災害死亡給付特約
  • 傷害特約
  • 買増権保証特約
  • 入院総合保証特約
  • 成人病総合保証特約
  • がん特約
  • 生前給付終身保険特約
  • ナージング・ニーズ特約
  • リビング・ニーズ特約
  • 保険料払込免除特約
  • 5年ごと利差配当付年金支払特約

契約年齢と払込期間

保険期間:終身
契約年齢:0~69歳
保険料払込期間:10年、15年、55~85歳の5歳ごと、終身

保険期間と契約年齢、払込期間

口コミ・評判

実際にソニー生命「バリアブルライフ変額保険終身型」を利用している人などの口コミや評判をまとめました。

© 2017 生命保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes