リスクが高いと噂の変額保険とは?有期型と終身型を分かりやすく比較してみた

変額保険

変額保険は運用実績に応じて保険金や解約払戻金の金額が増減する保険です。
被保険者が死亡または高度障害状態の時には、基本保険金は最低保証されていますが、解約払戻金には最低保証がありません。

特約をつけることで、死亡保障を手厚くしたり、医療保障の準備も行なえます。
契約者が支払う保険料が株や債券などの形で運用される為、受取金額が変化します。投資信託の仕組みを取り入れた保険とも言えます。

定額保険は保険会社が運用責任(投資リスク)を負いますが、変額保険では契約者が投資リスクを負担します。その為「ハイリスク・ハイリターン型の保険」とも言われます。

変額保険の種類

変額保険には一定期間の保障がある「有期型」と、一生涯の保障がある「終身型」の2種類があります。
ちなみに保険料の払込方法には、保険料を一定期間・年齡まで支払う「積立型」と、契約時に払い込む「一時払型」の2つが利用できます。

有期型

変額保険有期型

10年や30年など決められた期間内で保障があり、保険期間の満了時に満期保険金が支払われます。
満期保険金は解約払戻金と同様に最低保証がないので、受け取れる金額は基本保険料よりも上回ったり、下回ったりする場合があります。

終身型

変額保険終身型

変額保険の終身型は「死亡保障が一生涯続く保険」のこと。定額保険の終身保険に相当します。一生涯の保障なので、何歳で死亡しても保険金が支払われます。

加入のリスク・注意点

変額保険は経済状況や運用実績が良ければ大きな保障が得られますが、株価の低下や為替の変動によって高いリスクを負う可能性の高い保険商品です。

解約払戻金の金額には最低保障がないので、解約の時期や運用実績によっては支払った保険料を下回る可能性も否定できません。

また変動保険には生命保険以外にも個人年金保険や養老保険タイプがありますが、年金や満期保険金を受け取る時期が最初から決まっているので、その時期に資産運用が上手く行っていないと、損をする場合があります。

一般的に変額保険はリスクが高く、手数料が割高になりやすいので、保険初心者の人にはおすすめできません。契約する際は、不明点が無くなるまで充分に確認、検討することが大切です。

© 2017 生命保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes