生命保険会社から受け取れる保険金と給付金の違い

保険金と給付金の違い

生命保険会社から支払われるお金には「保険金」と「給付金」の2種類があります。
保険金や給付金は生命保険会社に申請することで受け取れるお金ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

保険金と給付金の違い

  • 保険金
  • 給付金

保険金

死亡時や高度障害状態の時、または満期まで生きていた時に生命保険会社から1回だけ支払われて、契約終了になるお金のこと。

サスペンス・ドラマで良くある「保険金殺人」は、死亡によるお金目当てで行なわれるので「保険金」となる訳です。
代表的な保険金をまとめてみました。

【死亡保険金】
被保険者が死亡時に支払われる保険金。
死亡時に一括で支払われる「一時金」だけではなく、年金形式で分割で受け取れる場合もある。

【高度障害保険金】
被保険者がケガや病気で高度障害状態になった時に受け取れる保険金のこと。金額は死亡保険金と同額です。高度障害保険金を受け取ると、契約は終了になります。

【特定疾病保険金、三大疾病保険金】
特定疾病=三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になった場合に支払われる保険金。
名称は「特定疾病保険金」「三大疾病保険金」「重大疾病保障保険金」など、各生命保険会社によって異なります。
※ちなみにがん保険は特定疾病保険と異なり、保険期間中の入院や治療などで「給付金」が支払われます。

【満期保険金】
養老保険や有期型の変額保険に加入していた被保険者が、生存して満期を迎えた場合に受け取れる保険金のこと。

保険金は贈与税や相続税が課税されるという特徴があります。

給付金

入院や手術などで保険期間中に1回だけではなく、何度か支払う可能性があるお金のこと。保険商品ごとに給付金の支払い条件が異なります。
代表的な給付金をまとめてみました。

【入院給付金】
被保険者がケガや病気で入院した時に「入院1日あたり○○万円」として、受け取る給付金のこと。

【手術給付金】
被保険者がケガや病気で手術を受けた時に支払われる給付金のこと。

【通院給付金】
入院給付金が支払われるような入院や手術をした後、治療の為に通院した場合に受け取れる給付金のこと。
通院給付金を希望する際は「通院保障」を特約としてつける必要があります。
一般的な医療保険では単純に通院しただけでは給付金を受け取ることができません。

【祝い金、生存給付金】
契約から○年ごと、満期を迎えた時などに、被保険者が生存していた場合に支払われるお金のこと。医療保険やがん保険の商品に付属。

給付金は受取人が「被保険者や被保険者の配偶者、被保険者の直系血族または生計を一にするその他の親族」または「身体の傷害が原因で支払われるもの」に該当すれば非課税になります。

祝い金、生存給付金は「身体の傷害が原因で支払われるもの」に該当しないので、所得税・住民税が課税されます。ただし払込済みの保険料によっては課税されない場合もあります。

まとめ

保険金と給付金の違いを簡単にまとめてみました。

【保険金】
・死亡や高度障害状態、満期時に1回または分割で支払われる。
・税金は課税対象。
・保険金を受け取ると契約は終了。

【給付金】
・ケガや病気による入院や手術などの際に何度か支払われる可能性がある。
・税金は給付金の種類によって課税と非課税に分かれる。
・給付金を受け取っても契約は終了しない。

© 2017 生命保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes