保険料の支払い遅れに要注意!払込猶予期間が過ぎた場合の対処法

保険料の支払い遅れ

「口座に保険料を入れ忘れていた」「今、お金が無い」などの理由で、期日に保険料の支払いが遅れた場合、一定期間は払込を猶予(日時を延長すること)されます。
これを「払込猶予期間」と言い、払込猶予期間中に保険料を支払えば保険契約や保障が継続します。
払込猶予期間は支払い方法によって異なります。

【月払い】……毎月保険料を支払う。
支払い月の翌月1日から末日まで。

【半年払い・年払い】6ヶ月または1年ごとに保険料を支払う。
支払い月の翌月1日から翌々月の契約応当日(保険契約日と同じ日)まで。

契約応当日がない場合は、末日まで。

保険契約時に保険期間中の全ての保険料を払込む「一時払い」や「全期前納払い」にすれば、支払い遅れ(滞納)の心配は特に必要ありません。

払込猶予期間が過ぎた場合はどうなる?

  • 自動振替貸付制度を利用する
  • 失効(しっこう)を迎える
  • 復活をする

自動振替貸付制度を利用する

払込猶予期間までに保険料が払込まれなかった場合、保険料相当の金額を解約返戻金の範囲内から保険会社が自動的に立て替えてくれる「自動振替貸付制度」を利用します。

「保険料を保険会社が立て替える=貸し付ける」という形になるので利息がつきます。再び保険料を支払う時は、立て替え分の保険料と利息を支払う必要があります。

保険料支払いの遅れが一時的ではなく長期的になる場合は、別の保険料が安い保険に切り替えたり、解約したりと保険の見直しをするのが良いです。

失効(しっこう)を迎える

自動振替貸付制度がなく、払込猶予期間に保険料が支払われない場合や、解約返戻金による保険料の立て替えが金額的に無理になった場合は保険契約が「失効」します。

失効とは保険の効力が無くなること。失効後に被保険者が病気やケガなど万が一の事態になっても、給付金や保険金などの保障は受けられません。
失効後は保険を解約して解約返戻金を受け取るか、保険契約を復活させるかを選ぶ必要があります。

復活をする

復活とは保険契約の効力を元の状態に戻せる制度のこと。
失効後2~3年以内に医師の診査を受けたり、健康状態の告知をしたりして、特に問題がなければ、滞納した保険料を支払うことで復活ができます。ただし保険商品や保険会社によっては、復活を取り扱っていない所もあります。

最後に

定期保険など掛け捨て型の保険は解約返戻金が無いか非常に少ないので、自動振替貸付が適応されず、払込猶予期間が過ぎると、あっという間に失効する可能性が高いです。

毎回支払う保険料を無理がない程度に調整したり、年払いや一時払いなどで保険料をまとめて払ったりなど、保険料の払い遅れが無いようにすることが大切です。

© 2017 生命保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes