見過ごしてない?結婚後に必要な保険の変更手続き一覧

marriage-henkou

結婚後に必要な保険の変更手続き

結婚で名前や住所が変更になったり、親の扶養から外れたりした場合などは、いくつかの手続きをする必要があります。特に女性は保険に関して変更が必要な場合が多いので、自分が加入している保険を見直してみましょう。

結婚後に必要になる保険手続き

改姓・名義変更

結婚で契約者や被保険者、受取人の姓が変わった場合、改姓・名義変更を行ないます。
保険証券の契約者名、被保険者名、受取人名を確認して、旧姓が記載されている場合、新しい姓への変更が必要です。

【必要な書類】
改姓届出書、新しい名義が確認できる書類(運転免許証、健康保険証、住民票)

改印

結婚で姓が変わり、契約書に押したハンコが「旧姓」の場合、改印が必要です。
ハンコは認印でOK。改印は改姓や名義変更と同士に行なうと手続きがスムーズに進みます。
ちなみに改印の際は「新姓」ではなく「自分の名前」にした方が、今後万が一離婚した時に改印せずに済みます。

住所・電話番号変更

結婚にともなう引越しで住所が変わった場合、住所変更をします。保険会社からの郵便物や連絡が新住所に確実に届くために忘れず行ないましょう。

また契約時、電話番号が実家の家電などにしていた場合、結婚や引越しで電話番号を変更するという時も手続きが必要です。

【必要な書類】
転居先の正確な住所(マンションやアパートの場合は、部屋番号まで分かるもの)が確認できるもの。

契約者の変更

結婚に伴って契約者を親から自分に変える時など、契約者を変更する場合は被保険者や保険会社の同意が必要になります。

【必要な書類】
名義変更請求書、現在の契約者の本人確認書類、被保険者の本人確認書類、新契約者の本人確認書類など

受取人の変更

保険金や給付金を受け取る人を変更する場合、受取人の変更を行ないます。
元々の受取人が両親の場合は「パートナーに変更しない」という人も少なくないので、受取人を変更する際はよく話し合う必要があります。受取人を変更する時は、被保険者の同意が必要です。

【必要な書類】
名義変更請求書、契約者の本人確認書類、被保険者の本人確認書類

保険料の振替口座、払込方法の変更

保険料支払う為の振替口座を夫婦共用の口座やパートナーの口座に変更したり、口座名義が旧姓だったりする場合は、それぞれ変更手続きを行ないます。

また「口座振替を止めて、クレジットカード払いにする」など払込方法を変える場合や、保険金や給付金が振り込まれる口座を変更する場合も同じく手続きが要ります。

【必要な書類】
保険料払込方法変更請求書、保険料口座振替申込書(金融機関への届出を押印)

家族型や夫婦型特約への内容変更

「保障の対象が被保険者とその配偶者、家族になる」という1つの契約で複数の保障が受けられる夫婦型や家族型特約付きの保険に加入する場合、内容変更が必要になります。

【必要な書類】
特約付加・変更申込書、告知書(被保険者の妻子に関する告知書)

手続きの方法

1.保険会社へ連絡
2.郵送で届く書類を受け取る
3.必要事項の記入、提出
4.書類の確認(保険会社)
5.手続き完了の変更明細書が届く

変更手続きにかかる期間は2~3週間ほど。
手続きを行なう前に、独身時代に加入した保険内容を見直したり、新規に保険加入を検討したりすると、結婚後の生活に合った保険が選べます。

© 2017 保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes