保険料をお得にしたい。クレジットカード払いができる保険会社は?

creca

クレジットカード払いができる保険会社

保険料のクレジットカード払に対応している生命保険会社や損害保険会社は多く、特にインターネット生保や通販で保険の申し込みが可能な所では、ほとんど利用できます。

対面販売が主流な保険会社では、まだクレジットカード払いが一般的ではなく、口座振替が必要な所も少なくありません。また「第一回の保険料振込はクレジットカードに対応しているが、継続的な利用はできない」という場合もあります。

利用できるクレジットカードは、契約者名義である必要がありますが、保険料の金額に応じてポイントが貯まったり、金融機関の口座振替よりも支払い日時を遅らせられるのは魅力的です。

クレジットカード払い可能な保険会社

アフラック

提携クレジットカード

【対応ブランド】JCB、VISA、MasterCard、AMERICANEXPRESS
個人年金保険、養老保険、夢みるこどもの学資保険では、支払う保険料の金額によって、クレジットカード払いを利用できない場合があります。

【月払い】1契約につき保険料10万円以下

【半年払い】1契約につき保険料60万円以下

【年払い】1契約につき保険料120万円以下

メットライフ生命

提携クレジットカード

【対応ブランド】JCB、VISA、MasterCard、AMERICANEXPRESS、Diners Club

一時払い以外の保険料の支払いに対応しています。

オリックス生命

提携クレジットカード

【対応ブランド】JCB、VISA、MasterCard、AMERICANEXPRESS、Diners Club

クレジットカード払いが可能な保険料の上限は以下の通りです。

【月払い】1契約につき保険料5万円

【半年払い・年払い】1契約につき保険料10万円

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険

提携クレジットカード

【対応ブランド】JCB、VISA、MasterCard、AMERICANEXPRESS、Diners Club、UC、SAISONCARD、Cedyna、CF,OMC、AEON、MUFG、DC、UFJ、NICOS、Orico、JACCS、楽天、TS3

クレジットカード払いが可能なのは、1回の支払い保険料が10万円以下の場合です。

AIG富士生命

提携クレジットカード

【対応ブランド】JCB、Visa、MasterCard、Diners、American Express、イオン

1契約につき保険料は10万円以内。
Visaのマークが入ったデビットカード(楽天銀行、りそな銀行、スルガ銀行、ジャパンネット銀行など)は利用できません。

住友生命

提携クレジットカード

【対応ブランド】JCB、Visa、MasterCard

対面型販売の場合、第1回保険料の支払いにクレジットカード払いが利用できます。
第1回や第2回目以降の保険料の払い込みにも対応しているのは、通信販売の月払いプラン新規申込み時だけです。

三井住友海上あいおい生命

提携クレジットカード

【対応ブランド】JCB、VISA、MasterCard、AMERICANEXPRESS

【月払い】1契約につき保険料5万円

【半年払い・年払い】1契約につき保険料10万円

クレジットカード払いは前納や一時払いには利用できません。

ニッセイ(日本生命)

提携クレジットカード

【対応ブランド】JCB、VISA、MasterCard、AMERICANEXPRESS、Diners Club、DC、UFJ、NICOS

前納や一時払い以外の保険料支払いにクレジットカードが使えます。
クレジットカードで保険料が支払い可能なのは、原則として契約日が平成20年(2008年)1月4日以降の契約が対象になります。

東京海上日動あんしん生命

【対応ブランド】JCB、DC、NICOS、UFJ、VISA、Master Card

クレジットカード払いの利用限度額は「1回分の保険料が1契約につき10万円以下」です。

太陽生命

保険料のクレジットカード払いに対応しています。

ソニー生命

ソニー生命は初回の保険料だけはクレジットカードが使えますが、契約成立後の保険料の支払いにはクレジットカード払いができません。郵便局や銀行などの口座振替を利用する必要があります。

第一生命保険

初回の保険料はクレジットカード払いに対応していますが、以降は郵便局や銀行などの口座振替を利用する必要があります。

かんぽ生命

提携クレジットカード

【対応ブランド】VISA、MasterCard、AMERICANEXPRESS、Diners Club、AEON、SAISONCARD

かんぽ生命の全支店や一部の郵便局では、モバイル決済端末機を利用したクレジットカードでの第1回保険料などの払込みが可能です。ただし以降の継続した利用はできません。

クレジットカードの利用限度額は50万円です。

クレジットカード払い不可の生命保険会社

明治安田生命

クレジットカード払いに対応していません。
金融機関のインターネットバンキングやATMなどから、保険料などを簡単に支払える「Pay-easy(ペイジー)」に対応しています。

JA共済

JAは掛け金などをクレジットカード払いに対応していません。

富国生命

クレジットカード払いに対応していません。

© 2017 保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes