保険の申し込みをしたけど責任開始期(日)はいつになる?

kaishiki

責任開始期(日)はいつ?

責任開始期(日)とは、保険会社が保険契約上の責任(保険金や給付金の支払いなど)を開始する時期(日)のことです。

責任開始期(日)に関する注意点

責任開始期(日)は以下の全てが完了した日になります。

  • 保険契約の申込
  • 告知(診査)
  • 第一回保険料の払込

保険契約の申込みと告知(診査)、第一回保険料の払込みをいつ済ませたかで、責任開始日は異なるので「保険に申し込んだ」だけでは、保険の保障を受けられません。
責任開始には保険会社が加入の申し込みを認めることが前提になります。

【告知】
保険契約で契約者や被保険者が、保険会社に対して健康状態などの重要な事実を伝えること。

【診査】
保険契約の前に被保険者(契約の加入申し込み者)に対して、各生命保険会社の診査医が行なう身体検査のこと。

がん保険には約90日の待機期間あり

がん保険には約90日の待機期間

注意したいのが「がん保険の契約」をする時です。
がん保険の場合は「保険契約の申込み、告知(診査)、第一回保険料の払込み」を全て完了した後、約90日は保障を受けられません。

保険会社では約90日の時期を「待機期間や待ち期間、免責期間、不填補期間」と呼び、期間中にがんであることが判明した場合、がん保険の契約は無効になります。

がんは自覚症状がないことが多く、告知では自分自身ががんであることを知らない場合があり、また「自分はガンではないか?」と思ってがん保険に加入する人も少なくないので、約90日の期間を作ることで契約の公平さを保ちます。

開始日を早める方法

保険契約の手続きは、基本的に「申し込み→審査と告知→第一回の保険料支払い→保険会社の承諾」の順に進みます。

気を付けたいのが「保険料の支払い」で、支払いを口座振替に指定すると、責任開始日が数週間~2ヶ月延びる場合があります。

なるべく早く保障を受けたい人は、支払い方法をクレジットカード払いや半年払い、年払いにすると日数を短縮できます。

© 2017 保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes