万が一の時、保険金が支払われない!?告知義務違反による契約の解除とは

kokuchigimu

告知義務違反による契約の解除

保険金や給付金が支払われない(=保険の保障が受けられない)理由の一つに「告知義務による契約の解除」があります。

保険の新規契約や失効した保険の復活時には、過去5年以内の既往症(過去にかかったことがある病気やケガのこと)や現在の健康状態、職業を保険会社に対して告知する必要があります。

この告知に嘘があった(嘘が保険会社にバレた)場合、告知義務違反として契約が解除されて、保険金や給付金が支払われない可能性が出てきます。

告知義務違反に関する注意点

契約から2年後でも告知義務違反になる

責任開始日または保険の復活日から数えて契約が2年間続けば、告知義務違反があった場合でも、保険会社は契約を解除できない仕組みになっています。
ただし支払事由が契約後2年以内に発生した場合は、契約が解除される場合があります。

【例】過去5年以内に胃潰瘍で入院した経験があるが、病歴を隠して保険に加入した。保険契約後2年以内に急性胃炎で入院して、入院給付金の請求をした。
→診断書で病歴が判明。告知義務違反が明らかになり、給付金は支払われず、契約が解除された。

また告知義務違反だけではなく「詐欺や給付金を不正に取得する目的で契約が取り交わされた」
と保険会社が判断した場合は、契約が無効になり、既に払込んだ保険料は戻りません。

告知書は必ず確認

告知関係ででトラブルになりやすいのが「保険販売員に告知したが、告知書には記入していない」「保険販売員の判断で、既往歴が書かれなかった」というケースです。

被保険者の告知を受領する権利を「告知受領権」といいますが、保険販売員や営業担当者、アドバイザーには告知受領権はありません。それらの人達に自分の既往歴を告知しても、告知書に記入がなければ告知義務違反に当たります。
既往歴は告知書にしっかりと記入して、自分で内容を確認することが大切です。

告知を忘れていた場合は?

仮に過去5年間で告知を忘れていた既往歴があれば、早めに保険会社と相談しましょう。保険契約上、特に重要ではない部分の告知忘れの場合、告知義務違反にならないこともありますが、気になる場合は質問しておくと安心できます。

告知をすることで契約が解除される可能性もありますが、万が一の時に保険金や給付金が支払われないよりも良いです。

また加入している保険ではなく限定告知型の保険で対応可能な場合もあります。
限定告知型は一般的な告知事項よりも項目が5つ前後と少なく、それらに該当しない限りは過去の病歴や現在の病気などがあっても保険への加入が可能です。

告知義務違反があった時の対応

告知義務違反が発覚した時の対応は、各保険会社によって異なります。

「告知しなかった既往歴に関係した死亡や入院、手術は請求の対象外」「保険金や給付金を支払った後に契約を解除する」「既に払込んだ保険料は返金しない」「契約解除時は解約返戻金を支払う」など。

どの対処法でも不利益になることは間違いないので、告知は正しく行なうことが大切です。

契約が解除されない場合

告知義務違反があっても契約が解除されない場合は以下の通りです。

○責任開始日または復活日から2年以上経過している(例外有り)。
○告知義務違反の既往歴と、死亡や入院、手術の因果関係が認められない。
○保険契約時に保険会社が告知義務違反の事実を知っていたまたは過失で知らなかった。
○保険会社が告知義務違反を知ってから、1ヶ月以内に解除を行なわなかった。
○契約上、特に重要ではない部分の告知義務違反があった。
○保険販売員が告知義務違反を勧める、または告知を妨害する行為を行なっていた。

© 2017 保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes