保険契約者や被保険者が死亡した時はどうすれば良い?

sibou

契約者や被保険者が死亡時の手続き方法

保険契約者が死亡した場合、契約者が被保険者かどうかで手続きする内容が異なります。

契約者や被保険者が死亡した場合の対処法

  • 契約者=被保険者
  • 契約者≠被保険者

契約者=被保険者

契約者と被保険者が同一人物の場合、主に保険金受取人が手続きを行ないます。
手続きに必要な保険証券を準備して、保険会社の担当者や窓口、コールセンターに連絡します。
連絡の際には以下の内容を尋ねられるので、事前にメモで書き残しておくと手間取りません。

  • 保険証券の番号
  • 契約者(=被保険者)の氏名
  • 死亡日
  • 事故や病気など死亡原因
  • 保険金受取人の氏名と連絡先
  • 連絡した人の氏名(被保険者との続柄と連絡先)
  • 死亡前の入院や手術の有無

その後、各必要書類を提出して、内容に不備がなければ、死亡保険金が指定口座に振り込まれます。
死亡保険金が支払われた時点で契約が終了します。
ただし家族傷害保険など複数の被保険者がいる場合は、名義変更をすれば契約が引き継げます。

【死亡保険金の受け取りの際にかかる税金】
契約者=被保険者≠受取人→相続税

契約者≠被保険者

契約者と被保険者が異なる場合は、各種変更の手続きが必要です。

  • 契約者の変更
  • 住所・電話番号の変更
  • 保険料振替口座の変更
  • 取引口座の変更

契約者を変更する際は、被保険者と相続人、保険会社の同意が必要です。
特に保険料払込期間中に契約者が死亡した場合、保険料振替口座の変更は忘れず行ないましょう。

契約者が死亡すると、契約者名義の金融機関の口座が凍結(引き出し、入金が不可な状態)して、保険料の引落しができなくなるので、保険契約が失効する可能性もあります。

保険会社は契約者が死亡したことを把握できないことが多いので、担当者やコールセンターと連絡を取り、自分で手続きをする必要があります。

また新しく契約者になった人が契約の権利を引き継ぐことになる為、契約者が死亡した時点で課税対象になります。死亡保険金などを受け取る際、契約者や被保険者、受取人の関係で課税対象が異なります。

【死亡保険金の受け取りの際にかかる税金】
契約者=受取人≠被保険者→所得税(一時所得)
契約者≠受取人≠被保険者→贈与税

最後に

自分や家族が何の保険に加入しているか、きちんと把握していないと、万が一の場合に保険金が受け取れなかったり、保険料の引落しがされておらず契約が失効したりする可能性があります。

手続き漏れを防ぐ為にも、日頃から誰か何の保険に契約しているか、保険証券はどこに閉まっているのかを、定期的に確認しておくと安心です。

© 2017 保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes