保険会社や代理店が倒産(経営破綻)したら、契約や保証はどうなる?

tousan

保険会社や代理店が倒産(経営破綻)した時どうなる?

最近では保険会社や保険代理店の倒産や経営破綻するニュースを度々耳にするようになりました。実際に自分が契約していた保険会社や代理店が倒産した場合、契約や保障はどうなるのでしょうか。

保険会社が倒産した場合

保険会社が倒産した場合

別会社が引き継ぐ

保険会社が倒産した時、別会社が引き継ぐ(買収する)ことが圧倒的に多いです。
保険契約もそのまま引き継がれるので「契約した保険内容は変わらず、保険会社名だけが別になる」という状態になります。

生命保険に関しては、原則として責任準備金の90%が保障されます。
また高予定利率の保険と契約していた場合は、利率が見直されて、保険金額や解約返戻金などが下がる可能性があります。

保険契約者保護機構を設立する

保険会社が経営破綻して、引き継ぎ先が見つからない場合は、破綻した保険会社の契約者を保護する目的で、保険契約者保護機構(生命保険契約者保護機構・損害保険契約者保護機構)を設立します。

保険契約者保護機構では、破綻した保険会社の資金援助や保険契約の引き受けをすることで、保険契約の保護を行ないます。

補償対象と補償割合は以下の通りです。

【生命保険契約者保護機構】
・原則、再保険以外の全保険契約が対象。
・原則、責任準備金など90%まで補償(高予定利率契約は除く)

【損害保険契約者保護機構】
・自賠責保険、家計地震保険は100%補償
・自動車保険、火災保険は破綻後3ヶ月以内は100%、以降は80%補償
・短期以外の損害保険と医療に関する保険は90%補償

※責任準備金……保険金や給付金、年金などの支払いに準備する目的で積み立てたお金のこと。

経営破綻後の即解約は損!?

契約していた保険会社が倒産した場合「すぐに解約しないとダメだ」と、急いで解約する人が多いのですが、経営破綻後の一定期間は「早期解約控除」があり、普通に解約する時と比較して解約返戻金が減ることがあります。

保険は多くの契約者がいないと成立しないので、経営破綻で早い段階に契約者が少なくなると、保険金や解約返戻金などの支払いが難しくなります。一定数の保険者を維持する為に「早期解約控除」があります。

保険代理店が倒産した場合

保険代理店が倒産した場合

保険代理店が倒産した場合、他の保険代理店や保険会社の支店に担当が変わります。

保険は契約者と保険会社とで契約をするので、仲介役になった保険会社が倒産しても、契約者にとって「保険を見直す必要がある」などの大きな問題はありません。

倒産リスクを確認する方法

保険会社の経済状態や保険金などの支払い余力がどれたけあるかを確認したい場合は「ソルベンシー・マージン比率」が良い指標になります。

一般的にソルベンシー・マージン比率が200%以上であれば、保険金などの支払い余力があり、経営破綻が起こるリスクが低いと考えられます。

ただしソルベンシー・マージン比率だけで判断できる部分は少ないので、各保険会社の経済状態やニュース、資産の運用状況など総合的にチェックしておくと安心です。

© 2017 保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes