ABC少額短期保険「ABCおかあさん保険」

ABC少額短期保険「ABCおかあさん保険」

ABC少額短期保険「ABCおかあさん保険」は、無配当新死亡保障付医療保険です。
病気やケガの治療を目的とした全ての入院を日帰りから保障してくれます。

厳密に言うと女性特有の病気に手厚いタイプの女性保険ではありませんが、特に女性に有利な内容になっています。

「ABCおかあさん保険」という名前通り、妊婦さんに優しい医療保険で、保障開始後に妊娠した場合自然分娩に伴う入院を保障。妊娠19週までに申し込めば、帝王切開などの手術も保障します。

保障期間は終身ではなく1年間の定期型です。更新すると更新割引が適用されて保険料がお得になります。
ABC少額短期保険は全国で料理教室を運営するABC Cooking Studioから生まれた少額短期保険会社です。ネットで契約した場合はネット割引が適応されます。

主な特徴

全ての入院を保障

病気やケガでも治療を目的とした入院であれば、入院日数に応じた入院給付金が受け取れます。日帰り入院にも対応しています。

【入院給付金】
入院1日(日帰り入院にも対応)につき5,000円

【手術給付金】
手術1回につき入院給付金日額×10倍=50,000円

【死亡保険金】
手術1回につき入院給付金日額×100倍=500,000円
(例:4歳~49歳女性の場合)
契約年齢によって、給付金額や保障金額が異なります。

特に妊婦さんに手厚い保障

一般的な医療保険だと妊娠中の女性が医療保険に申込んだ場合「妊娠中の加入は不可」と断られたりすることも多いですが「ABCおかあさん保険」の場合、妊娠19週までならば妊娠中でも加入できます。

妊婦さんへの手厚い保障

保障開始日に妊娠していた場合、その妊娠・出産に関する入院は保障対象外になりますが、出産時に帝王切開になった場合は手術給付金が支払われます。ただし保障開始日より前に経験した帝王切開が原因で、出産が帝王切開になった場合などは給付の対象外です。

保障開始日までに妊娠していなかった場合、自然分娩による入院給付金や、妊娠・出産のトラブルによる入院・手術給付金が受け取れます。
また他の女性保険と同様に、不妊治療を受けている場合は契約ができません。

保険料がお手頃

ABCおかあさん保険の保険料

保障内容がシンプルで特約などがない少額短期保険は、毎月支払う保険料が安いのがメリットです。保険料の値上がりは1歳ごとではなく、更新割引を活用することで、支払う保険料を節約できます。

ちなみに少額短期保険の保険料は所得税の所得控除の対象にはならないので、加入の際は注意が必要です。

更新割引で保険料が割引

更新すると毎月の保険料が標準保険料から200円割引が適用されます。
更新割引は契約を継続する限り適応されるので、毎月の保険料負担を抑えられます。

保障継続は80歳まで

ABCおかあさん保険は、保険期間が1年間なので、継続利用を希望する場合は1年に1度の更新が必要です。
保険契約を更新することで、80歳まで保障継続が可能。契約後に病気をしても、ABC少額短期保険が保険契約の更新を引き受ける限り、被保険者の健康状態に関係なく更新できます。

保険の概要

契約年齢:4歳~79歳
契約条件:告知
支払方法:口座振替またはクレジットカード
契約者:本人のみ
保険期間:1年
保険料払込期間:1年
保険料払込方法(回数):月払い

ABCおかあさん保険が向いている人とは?

私の意見

ABCおかあさん保険は男女問わず、4~79歳の方が加入できる医療保険ですが、特に「結婚後、子どもが欲しい」と思っている結婚予定または新婚の20~30代女性に向いています。

自然分娩に伴う入院、異常分娩や流産などの妊娠・出産のトラブルをしっかり保障してくれるのは大変心強いです。最近は結婚後1~3年以内に妊娠出産する人が多いことを考えると、妊娠前の時期に保険に加入することをおすすめします。

残念ながら女性特有の病気に関する保障は特に手厚くありませんが、30代後半から女性特有の病気のリスクが高まるので、その時に保険の見直しを考えても良いかもしれません。ABCおかあさん保険の保険期間は1年間なので、見直しをするのも簡単にできます。

Web申し込みや更新割引を活用すれば、毎月支払う保険料の出費を抑えながら、必要最低限の保障が確保できるのもメリットが大きいです。

© 2017 女性保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes