必要なものだけ選択!女性保険に付けられる特約まとめ

女性保険に付けられる特約

女性保険には医療保険に女性疾病特約を付けた保険商品を「女性保険」「女性向け医療保険」としている場合もあります。
医療保険に女性疾病特約を付けることで、女性特有の病気に備える訳ですが、女性疾病特約以外にも保険会社が取り扱っている特約を付けることは可能です。

女性保険に付けられる主な特約まとめ

【通院特約】
入院給付金が支払われる入院後に通院した場合、給付金が支払われる。

【先進医療特約】
病気やケガで先進医療を受けた時、1回につき先進医療にかかる技術料のうち、自己負担した金額と同額(通算1,000万円や2,000万円まで)を保障。

がん関係

【がん診断特約】
初めてがんと診断確定された時などに、給付金が支払われる。

【抗がん剤治療特約】
入院または通院での抗がん剤治療を保障。

【がん入院特約】【がん通院特約】
がんにより入院や手術をした時に、給付金が上乗せして支払われる。

【3大疾病保障特約】】
3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)で入院した場合、給付金が支払われる。

【3大疾病保険料払込免除特約】
3大疾病で所定の理由のいずれかに該当した時、以降の保険料の払込が免除されて、保障は継続する。

【5疾病就業不能特約】
5疾病(悪性新生物(がん)・急性心筋梗塞・脳卒中・肝硬変・慢性腎不全)で所定の就業不能状態になった時、1回につき就業不能給付金が受け取れる。

【7大または8大生活習慣病入院特約】
がんを含む7大または8大生活習慣病により入院した場合、入院給付金が上乗せされて支払われる。

その他

【終身特約】
医療保険に死亡保障を付加したもの。

【生存祝金特約】
入院や手術の有無に関係なく、被保険者が生存していた場合、数年ごとに数万円のお祝い金が受け取れる。

【康給付特約】
保険期間中に被保険者が生存しており、健康で過ごしていた場合、数年ごとに数万円の給付金が受け取れる。

【代理請求特約】
被保険者が受け取る保険金や給付金が、被保険者本人が請求できない特別な事情がある場合、代理請求人が代わりに請求できる。

【リビング・ニーズ特約】
余命6ヶ月以内と判断された場合、死亡保険金の範囲内で生前にリビングニーズ保険金が請求できる。特約付加は無料。

最後に

特約は付ければ付けるほど、保障が手厚くなりますが、その分保険料も高額になります。
保障を入院や手術に限定、特約を無しにすることで、格安な保険料を実現している保険商品もあるので「自分は女性保険で何の保障を得たいのか?」を考えることが大切です。

特約は契約時に主契約と同時に申し込む必要があり、途中で追加はできません(解約は可能)。新規で保険加入する場合は、自分が既に加入している保険と合わせて「保障の重複はないか」「毎月無理なく保険料を払えるか」など、総合的に確認しましょう。

© 2017 女性保険比較リサーチャーズ. WP Castle Theme by Just Free Themes